HOME虫歯にならないために > ワンポイント!歯磨きアドバイス

磨いてると磨けてるの違い

3-3-3歯磨きって聞いたことありますか?

一日3回、食後の3分以内に3分間歯を磨くというものです。

しかし、実際には一回の歯磨きで、3分間の間に全部の歯を磨こうとしても、

実際は全部の歯をしっかりと磨けないでしょう。

スポンサーリンク

永久歯の数は32本

永久歯全部を1本ずつしっかりと磨こうとすると、とても3分間では足りません。

少なくても10分~15分ぐらいは磨きたいですね。

しかし、そんなに長々と歯磨きをしたくないと言う方もいるかと思います。

歯磨きだけゆっくりとすることができない方もいると思います。

そういう方は、ながら磨きをしてみて下さい。

本を見ながらやTVを見ながらでも良いです。

何かと一緒にゆっくりと歯を磨く時間を作って下さい。

歯医者さんの歯磨き指導

歯磨きの仕方がよくわからない方は、ぜひ歯医者さんに行って、

ブラッシングの仕方を指導してもらいましょう。

子供や若い時から正しい歯磨き方を覚えておくとことが良いでしょう。

2回歯磨き(スウェーデンのイエテボリ法)

歯磨き時のフッ素の効果をより効果的にするための歯磨き方法です。

1回目

歯磨き剤を少し付けて、時間をかけて磨き残しのないように歯磨きをします。磨き終わったら水でしっかりと濯ぎます。1回目の歯磨きで歯に付いた汚れをしっかりと落します。

2回目 

歯磨き剤を歯ブラシにたっぷり付けて、歯の隅々まで行き渡るように磨きます。磨き終わったら水で濯がないで、口にたまった歯磨き剤だけ出します。その後、30分くらいは飲食をしないようにしましょう。2回目の歯磨きは、歯磨き剤のフッ素で歯をコーティングするためです。コーティングしている最中に水でゆすぐとフッ素が流れてしまいます。

※歯磨き剤の研磨剤が気になる方は、研磨剤が少ない歯磨き剤をお選び下さい。

正しい予防法・正しい知識を知ろう

虫歯の原因を知ろう!

なんで虫歯ができるの?その原因を調べます。

虫歯の原因を知ろう!の詳細へ

虫歯の予防をするにはどうしたらいいの?

今できる虫歯の予防法をさっそくしてみよう!

虫歯予防法の詳細へ

ワンポイント!歯磨きアドバイス

磨いてると磨けてるの違いとは?すみずみまで歯磨きをするには?

1回に噛むキシリトールガムの数は?

1回に噛むキシリトールガムの数と唾液との関係について解説。

1回に噛むキシリトールガムの数は?

虫歯予防にフッ素を取ろう!

フッ素の効果やフッ素の摂取量について解説。

虫歯予防にフッ素を取ろう!の詳細へ

スポンサーリンク