HOME虫歯にならないために > 虫歯の予防をするにはどうしたらいいの?

虫歯の予防をするにはどうしたらいいの?

プラークを取り除くには、現時点では、歯磨きが最も効果がある方法です。
その際に、フッ素が入っている歯磨き粉や洗口液を使うとより良いです。

フッ素の効果について

スポンサーリンク

自宅でできる予防方法

  • 毎食後に歯磨きをする
  • 寝る前にフッ素入り洗口液で口の中を洗う
  • 食後・間食後のキシリトールガム

歯医者さんでできる予防方法

  • 定期健診(1~3ヶ月毎)
  • 歯磨き指導を受ける。
  • バイオフィルムの除去。
  • フッ素を塗る。

よく噛んで、食事をする

唾液には、酸性の口の中を中和する力があります。

さらに唾液には、カルシウムとリン酸が含まれていて、
これらは歯の再石灰化を促進する効果があります。

食事の時に、噛む回数を増やして唾液が良く出るようにすると良いです。

キシリトールガムを噛もう

キシリトールには、ミュータンス菌の活動を抑えて、
酸を作り出さないようにする効果
があります。

しかも、ガムを噛むことで、唾液が出るから、口の中を中性に
戻すことができるので、効果は抜群です。

キシリトールガム

食後に一杯の緑茶

さらに、緑茶も虫歯予防に効果があります。

緑茶にもフッ素が含まれています。

そして、緑茶に含まれているカテキンは殺菌作用があり、
虫歯の菌を抑える効果
があります。

食後に歯磨きが出来ない場合は、 一杯だけでも
緑茶を飲むと虫歯の予防になります。

緑茶

虫歯の原因を知って、適切な予防をすることが大切です。

虫歯の原因を知ろう!

なんで虫歯ができるの?その原因を調べます。

虫歯の原因を知ろう!の詳細へ

虫歯の予防をするにはどうしたらいいの?

今できる虫歯の予防法をさっそくしてみよう!

ワンポイント!歯磨きアドバイス

磨いてると磨けてるの違いとは?すみずみまで歯磨きをするには?

正しい歯磨きの仕方の詳細へ

1回に噛むキシリトールガムの数は?

1回に噛むキシリトールガムの数と唾液との関係について解説。

1回に噛むキシリトールガムの数は?

虫歯予防にフッ素を取ろう!

フッ素の効果やフッ素の摂取量について解説。

虫歯予防にフッ素を取ろう!の詳細へ

スポンサーリンク