HOME > 歯についての正しい知識

一般的な虫歯の治療方法ではダメ?

スポンサーリンク

日本の歯科治療では、短期間での再発を抑えるために、虫歯の周辺を大きく削る傾向があります。

虫歯の治療とは、歯の中で虫歯の菌が出す酸によって、侵食された部分を取り除くことです。

その取り除いた部分に詰め物をします。

しかし、どんなにきっちりと詰め物を被せても必ず歯と詰め物の間に10ミクロン(100分の1ミリ)ぐらいの隙間ができてしまいます。

虫歯の菌の侵入を防ぐことはできない

虫歯の原因菌は、1ミクロンぐらいの大きさです。

治療した歯の詰め物と歯の間には10ミクロンほどの隙間があります。
その隙間から進入して、隙間の中に新しい虫歯を作ります。

そして、せっかく治療した歯がまた虫歯になってしまい、
また治療を繰り返して、詰め物をします。

その繰り返しです。

そうすると、どんどん詰め物が大きくなって、
やがて歯が失われてしまう可能性があります。

一般的に、治療した歯の寿命は、40年ほどと言われています。

子供の頃に治療した歯は、40歳~50歳ぐらいで抜歯をしなければいけません。

つまり年を取って行くと最後には、入れ歯又はインプラントになってしまうということです。

虫歯の初期状態では、削って治療しないほうが良い

でも、削らずに治療する方法ってあるの?

初期虫歯を早く治療しないと、虫歯が どんどん悪化してしまうのではないでしょうか?

初期虫歯は、正しい歯の手入れをすれば、健康な状態に戻す事が可能です。

どういうことかと言うと?

歯には、再石灰化という機能があります。

再石灰化の機能は、表面のエナメル質だけが溶けてしまうような初期虫歯なら削らずに、歯を再石灰化をさせることによって、歯を健康な状態に戻して、虫歯の進行を遅らせることができます。

歯の再石灰化をさせるには?

歯の再石灰化の詳細へ

スポンサーリンク