HOME歯周病を予防するために > 喫煙は歯周病の原因!?

歯周病の最大の原因の喫煙

歯周病には、ストレス、食生活などの原因がいくつかありますが、
一番の原因と言われているのが、喫煙です。

スポンサーリンク

喫煙量が歯周病の進行に影響

非喫煙者に比べて、喫煙者は、歯周病になる確率が約4倍あります。

しかも一日の喫煙量が増えると、その分、歯周病の進行も早まります。

歯周病の方は、煙草(タバコ)はできる限り控えましょう。

吸わないのが一番良いのですが、どうしても煙草が辞めれない方は、
できるだけ本数を減らす努力をしましょう。

重度の歯周病の方は、特に煙草の本数を減らすことを心がけたほうが良いです。